netPaper

時事関係から芸能関係まで色々と気づいたことを投稿しておくブログです。老壮青でいえば、ギリ青です。

【悲報】コンビニ業界売上げ10兆円突破は愚民化政策の成功事例

2015年にコンビニ全体の売上が10兆円を超えたとの
ことでした。スーパー全体が13兆円ちょいのようなので、
この規模が如何程かが判り得るかと思います。もはや、
日本人は損得勘定も出来ない国民になってしまった証左
なのです。どう考えてもおかしい状況としか言えません。

 

 

 


簡単な例を出してみましょう。ペットボトルのお茶があります。
スーパー:90円
コンビニ:150円
あなたならどちらで買いますか?!国民の約半分弱が
コンビニでこのペットボトルを買ってしまっている状況
なのです。

どう思います?!あのブラック企業大賞を受賞したセブン
イレブンにわざわざ60円の損をする買い物をしているんです。
こう書いている私がバカなんですか?!と逆に自身を疑い
たくなるような気持ちも芽生えてきます。 
 
私の持つコンビニ対する考えはこうです。急いでいて仕方なく
買い物をする場所、それがコンビニなんです。おそらく20年
ほど前の日本人であればこういう気持ちの人の方が多かったと
思います。

なぜにこれ程までに日本人は愚民化してしまったのか本当に
不思議でなりません。また、コンビニのような定価販売店は
庶民が普段お金を落とすようなところではないはずなのです。
というより、そんな訳ありません。上場企業の社長、いわゆる
成金とかお金持ちの方が使うのが普通なのです。にも関わらず、
一般的な平民が使っちゃうのはどうかと思うではなく間違って
います。にしても、なんで日本人は堕落ではなく愚民化
してしまったんでしょうかね。

 

 

 


お昼ご飯食べようとして、弁当とペットボトル買ったら確実に
500円は超えますよ。結局1000円弱なんです。それならワン
コインランチの店を探してそこで食べた方が十分幸せです。
そういう人って情報収集能力とか欠如してるんでしょうね。
いいですか。コンビニは仕方なく使うお店で当たり前に使う
お店ではないんです。
以上