netPaper

時事関係から芸能関係まで色々と気づいたことを投稿しておくブログです。

【青木率】安倍内閣が加計問題を吹き飛ばすなら衆院解散しかない?

タイトルを見てそんなバカな事あるか?と思われた方、

まさに私もそう思います。2017年初夏以降安倍内閣

支持率は政権発足からあり得ないくらいの急減をして

おります。私も驚き桃の木山椒の木です。あの強固を

誇っていた安倍政権も先行きが非常に怪しくなってき

ました。

 

 

 

それなら?

そうです。衆院解散・総選挙をするなら今月か来月8月

しかありません。早ければ早いほどダメージが少なく

て済みます。逆に今やらなければどんどんどんどん

支持率が下がってどうにもならなくなるでしょう。

特に自民党の支持率も下がり始めて来てますので

衆院解散して選挙をしないと非常に厳しくなるのは

目に見えております。まぁ、確かに圧勝は厳しくても

自公で過半数ギリギリを狙う公算で行くでしょう。

 

 

 

で、なんで解散?

まず、3つあります。

①目くらまし効果

②造反の防止

③小池一派の躍進防止

 

①です。

今年に入ってから安倍内閣というか自民党内の

スキャンダルが非常に沢山出て来ました。これらの

おかげで安倍内閣は四苦八苦です。国会答弁を聞い

ても総理を中心に丁寧さが無くなり雑な答弁が目立って

おります。それに加えて、難解な法案ばっかりが通され

ました。国民生活が良くなったか?と言えばそんな事

ありません。まぁ、非正規の時給がここ数年で上がった

事くらいでしょう。これは人手不足っていう理由もある

ので一概に安倍政権のおかげとも言えませんが。で、

とにかく国民に対して目くらましをするのは衆院解散を

してお破産にしたいと思ってもおかしくありません。

前川喜平出席の証人喚問なんてやられた日にはたまった

もんじゃないです。

 

②です。

自民党に反安倍派の鼻息が荒くなって来ましたよね。

そうですね。石破茂とか野田毅とか野田聖子とかです。

他にもいるかもしれませんね。どうです?もし、野党から

臨時国会の開会を迫られ仕方なく開会したとします。

で、内閣不信任決議案が出され反安倍派が野党に同調する

ような事になる事も想定されますよね。更には、その際に

公明党が政権離脱なんて事だって無くはありません。都議選

では自民党から離れてましたよね。内閣不信任決議案を契機に

おかしくなる事だってあります。内閣不信任決議案可決なんて

絶対に安倍内閣は避けたいと思うのは当たり前です。あの

宮沢喜一と同じ事になるのは誰だって嫌です。

 

③です。

都議選では小池派が圧勝しました。おそらく年内に国政の

政党も立ち上げるでしょう。とすると年末まで準備期間に

なります。現状であれば準備なんてさせる前の今が好機と

思うのは誰の目から見ても分かる事です。今、選挙をされ

たら300選挙区ある中で十分に候補者を立てられますか?

非常に難しいプロセスになります。あの小沢一郎でもそんな

事になれば対応は難しいでしょう。だから、選挙は常在戦場

ですよね。いつ選挙があっても備えておく事が重要です。

有名人であれば後出しジャンケンでも良いかもですが、

でなければ無理ですね。あの小泉純一郎は刺客を念頭に

きちんと動いていたでしょう。それは政権にいたから

出来た事です。情報の来ない外野の人には至難です。

更には、知事は行政の長ですので選挙ばかりやられては

困ります。知事も行政も特に都民です。加えて、野党も

全然パッとしませんし、選挙の準備なんてほぼしてません

よね。

 

 

 

3つを提示させて頂きました。だからこそ、選挙をするなら

今が絶好の大チャンスなんです。もし、この好機を逃せば

非常に政治には不安定な状況が出て来てもおかしくあり

ません。サプライズがほとんど無くて面白みに欠けてる

安倍内閣ですが、こんな時にこそ「アッ!!」と驚く衆院

解散をすれば長期政権の芽も出てくるんじゃないでしょうか。

以上

【下の投稿もどうぞ!!】

netpaper.hateblo.jp