netPaper

時事関係から芸能関係まで色々と気づいたことを投稿しておくブログです。

【確定!】小説や本の速読のコツ?iPhoneSEを持って解決?

まずは結論から申します。

①あまり視線を動かさなくて良い。

②素早く動かせる。

③いつでもどこでも。

 

 

 

iPhoneSEと聞くとメインラインのiPhone6系やiPhone7と

比較すると別ラインで抵抗があるという方も割といるん

だと思います。ですが、それは全く違ってまして現状では

これまで出てきたiPhoneの中で最も最高なiPhoneだと

断言できます。それは人気ランキングでも証明されており

ますし、サイズの大きいiPhone6系やiPhone7とは比べも

のにならないくらい使いやすいです。これはもはや仕方が

ありません。大きなiPhoneはVR簡易器になるくらいの

使い方しかないくらいです。

 

で、本論に移ります。

①あまり視線を動かさなくて良い。

私は速読難民で活字を読むのが本当に遅いんですが、

iPhoneSEを持つ事で割とそれが解消でき始めてると

実感するんです。新書とか小説のように本としての

活字を読んでいると結局字を目で追うだけになって

しまい早く文章を読む事が出来ませんでした。時間も

掛かってしまうし文章理解も遅くなります。でも、

iPhoneSEの画面であれば字を追うというよりもパッ

パッパッと見る雰囲気で文字を読む事が出来ます。

特にそれは縦書きよりも横書きの文章で実感出来ます。

それを実感してから、新聞や書籍に触れると全然早く

読めないんですよね。それは、あまり視線を動かさな

くて良いからだと分かりました。一方、画面の大きい

iPhoneですと速読できる!!という実感からは程遠く

なります。それは、字面を追うために視線をたくさん

動かさなければいけなくなるからです。だから、効率

的に情報収集したい時に画面の大きいiPhoneは不向き

なんですね。これって、これまでの速読術と真っ向に

対立する事なんです。なぜか?ですが、「ひたすら早く

視線を動かす事で速読が可能になる」という従来の

速読術が必要ではなくなるからです。もうそんな速読術

はiPhoneSEによっていらないのです。

 

②素早く動かせる。

これはiPhoneSEが小型であるために可能になります。

大型のiPhoneですと、まず両手で操作しないといけません。

しかも、画面が大型になる事で動きが圧倒的にもっさりに

なります。iPhoneSEみたいにサクサク動かないんです。

文章を読んでいるとやはり早く次の箇所を見たいじゃない

ですか。それをiPhoneSEだと実現できちゃうんですよね。

なので、素早く動かせるという点が速読にとって重要なん

です。

 

③いつでもどこでも。

これまた重要な事ですね。速読と聞くと読んでる時間で

考えてしまいますが、その文章に触れる回数も大切になって

きます。iPhoneSEであれば新聞や書籍、大型iPhoneと比べ

れば圧倒的にいつでもどこでも持ち歩きできます。つまり、

その文章を読む頻度を上げる事が出来るんです。その分、より

早く文章を読めて、より早くその文章を読み終えてしまえちゃ

うんです。iPhoneSEでなければ読み終わるのが翌日だったり

翌々日になったりします。その意味では、携帯性がどれだけ

あるかも速読との関係では重要になります。

 

もし、あなたが速読や効率的な情報収集で悩んでおられるなら

その第一歩としてiPhoneSEを持ってみてはいかがでしょうか。

本当に使い勝手がよく活字を読む上でも最高の端末です。

以上