netPaper

時事関係から芸能関係まで色々と気づいたことを投稿しておくブログです。

【確定!!】服を買う時はやっぱりブランド物が良い3つの理由。

では、結論から申しましょう。

①リセールバリューがある事。

②被り率がグーンっと下がる事。

③愛着を持てる事。

 

 

 

リーマンショックあたりから日本でもファストファッ

ションが本当に幅を効かせるようになりましたね。

主なものでは、ユニクロ、GU、H&M、GAP、Fore-

ver21、ZARAなどでしょうか。ポールスミスやユナイ

テッドアローズなどのカジュアルブランドに比べると

類似品が2~3割程度の価格で購入できるのが特徴です。

特に若い世代から大きな関心を集めて成長著しいのが

現実です。しかし、そのようなファストファッション

にはない魅力的な点がブランド品にはあります。品質

もやはり違って着ますがその点以外の事を以下に記し

ていきます。

 

①リセールバリューがある事。

季節の変わり目になるとタンスや衣装ケースの中を詮

索しますよね。で、もう着ないとか着れない服が割と

あったりするもんです。そんな時に思うんです。これは

ヤフオクとかメルカリで売れるかな?です。そのまま、

ゴミに捨てたりリサイクルショップに持って行くのは

もったいないです。そのため、可能な限りネットで売り

たいのが本音です。で、ファストファッションブランド

では再販の際にはあまり良い効果は期待出来ません。

なので、それなりのブランド物を買っておいた方が得策

です。

 

②被り率がグーンっと下がる事。

ファストファッションブランドですとどうしても店舗数

も割と多いため街を歩いてる時に被ってしまたり、着て

いる服がどこで買ったか分かってしまう事があります。

まぁ、iPhoneは被ってしまっても良いけど服が被るのは

嫌だというのは変な感じですけどその気持ちは分かりま

す。被らない事でちょっとした安心感もあるので被る確

率がグーンっと下がる事はいい事ですよね。

 

③愛着を持てる事。

これは、割と貴重な心理的プラスな効果ですね。流行に

左右されない限り、買った衣類に愛着を持てる点です。

やはり、手にしてからは出来るだけ長い間着用したい

ものです。それは、それなりのブランド物であればある

ほどその気持ちは大きくなります。愛着を持てる服とい

えば、素材やサイズ感、デザイン等総合的に共感出来る

物です。その意味ではそれなりのブランド物は良い点が

盛り込まれております。

 

どう着るなら、という気持ちを忘れないためにも服の買

い物は見直したいですね。

以上