netPaper

時事関係から芸能関係まで色々と気づいたことを投稿しておくブログです。

【調べてみた】庶民の味方、ブラックニッカにはどんな種類がある?

夜の晩酌のメインアルコールになりつつあるのが

ウィスキーです。その中でも、1000円前後で購入

出来る銘柄の一つにブラックニッカがあります。

こちらです。

www.nikka.com

ヒゲと言えばこちらでしょうか?

f:id:netPaper:20170530153840p:plain

はい。札幌、ススキノです。あまりにも有名ですね。

大阪道頓堀のグリコみたいで良い象徴ですね。

 

で、本題です!!!

f:id:netPaper:20170530154100p:plain

ブラックニッカの基本の種類はこの3つの種類のようです。

①ブラックニッカ クリア

②ブラックニッカ リッチブレンド

③ブラックニッカ ディープブレンド

価格は、アマゾンによると①<②<③でした。

よく広告とかで目にするのは、画像では真ん中のブラックニッカ

クリアですよね。これなら知っている方も多いんじゃ無いでしょ

うか。こちらは、よく飲み放題で使われるウィスキーです。

価格も安価で一番庶民的です。逆に、左右の画像のウィスキーは

あまり馴染みのないシリーズですね。では、この3本の特徴を記し

ておきたいと思います。

 

 

 

①ブラックニッカ クリア

クセがあまり無く、かろやかな味わいの「ノンピート・モルト」を

ほど良い甘味や香味成分を持った良質のグレーンウイスキー

ブレンドし、クセのない味わいとスッキリとした飲みやすさを

体感できるようです。

 

②ブラックニッカ リッチブレンド

シェリー樽で熟成を重ねたモルトウイスキーと、樽熟成した

グレーンウイスキーを使用したブレンデッドウイスキーだそう

です。そして、甘くやわらかい樽の香りを感じさせ、フルー

ティーで華やかな香りが持たせてくれます。シェリー樽原酒を

キーモルトとして、ニッカ独自のカフェグレーンを融合させた、

感じの良い口当たりと、飲みやすさの中にもコクがしっかりと

感じられる味わいがこちらの魅力のようです。

 

③ブラックニッカ ディープブレンド

ホワイトオークの新樽で熟成を重ねたモルト原酒と樽熟成した

カフェグレーン原酒を使用しているようです。新樽ならではの

木材の香りと、モルトのふくよかな香りが特徴です。深くなめ

らかなコク、豊かで伸びのある甘い味わいを実感し、心地よい

ピートの香りとビターな樽の余韻が口の中に広がります。

アルコール分45%でしっかりとした飲みごたえがありながら、

まろやかで飲みやすいウイスキーです。ハイボールでも割っても

変な癖を感じさせないウィスキーです。

 

今回は、この基本的な3つの種類に絞って上げました。他には、

限定品や復刻系のブラックニッカもあるようです。機会があれば

そちらも上げたい思います。

以上