netPaper

時事関係から芸能関係まで色々と気づいたことを投稿しておくブログです。

【大人だって昼寝したい!】で、どれくらいの時間が理想的?!

昼寝から覚めて非常に気分が悪い私です。

昼寝って寝すぎてしまうとこの世の終わりのような

感覚になってしまうのは私だけでしょうか。マジで

憂鬱な感じになるんですよね。

 

それなら、そうならないための昼寝時間や方法を

調べてみました。で、3つのポイントをあげたいと

思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

①昼寝は30分未満で十分

②寝る前にカフェインを

③夕方に近い時間は避けよう

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

①です。

これは何となく理解できますよね。寝すぎは逆効果

な感じがしてぼーっとする時間がどうしても長くなって

しまいます。で、この長時間昼寝を防止するために

フラット姿勢での昼寝は避けたいですね。そして、

寝る前にスマホのタイマーや目覚し時計をセットして

から目を瞑りたいものですね。

 

②です。

カフェインの効果は大体薬と同じような形で30分後

あたりからのようです。なので、ヨシっ!!寝るぞと

寝る前にコーヒーや紅茶を飲料してから昼寝すると

寝起きのダルさを軽減することが出来ますね!

私なんかは昼食後にコーヒーを飲むと逆に眠くなっ

たりします。変ですよね。

 

③です。

出来るだけ夕方5時に近い時間の昼寝は避けた方が

いいようです。それは、夜間の就寝に影響が出てし

まうからです。確かに、それは分かりますね。

夕方を過ぎれば夕飯ですし、その夕飯が遅くなれば

なるほど就寝も遅くなります。更に、夜間の眠気が

出てこないと夜更かしの原因にもなりかねません。

寝る時間帯にも気を配りたいですね。

 

昼寝は、十分に夜間寝れなかったり、体調を崩して

いる時、昼寝後に集中したい時には効果抜群です。

普段の生活に上手に取り入れていきたいものです。

以上