netPaper

時事関係から芸能関係まで色々と気づいたことを投稿しておくブログです。

【どっち?!】ゆで卵の作り方!!お水から?沸騰(お湯)から?

これは正直、正解はないと思います。

が、私の中ではぶっちぎりで沸騰のところに入れるのが

大正解と思っています。

 

それはなぜかですが、沸騰のところに入れて作ったゆで卵

の方が殻を剥く時に非常に剥きやすいからです。もう、

これが結論ですね。水の状態に入れて作ったゆで卵は卵と

殻がひっついてしまって超ダメな感じになるんです。殻と

卵がくっついて卵がボロボロになるんです。でも、沸騰に

入れて作ったゆで卵は卵の表面が割としっかりと硬くなり

剥きやすくなるんですね。

 

で、なんでこうなるのか考えてみました。冷たい状態から

熱水にする形でゆで卵を作るとゆっくりゆっくり卵が暖か

くなるのでどうしても表面が固くならないんですね。だか

ら、剥く時に上手くいかないんです。一方の沸騰に入れて

作ったゆで卵は先に表面が熱せられるので短時間のうちに

表面が硬くなります。そして、中の方は徐々に熱が通って

行きます。これはバーベキューの肉の焼き方と似ているかも

しれません。熱い網にのせて焼く肉は剥がれやすいですが、

逆は難しくなります。

 

ゆで卵を作るときは水からと聴く事が割とありますが、

私はもうそんな事はしたくありません。皆さんも実験して

みて下さいね。

以上