読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

netPaper

時事関係から芸能関係まで色々と気づいたことを投稿しておくブログです。

【結論?】スカーフの選び方!買う時に知っておきたい3つのこと

年中特に女性にとってですが、使えるファッション

アイテムの1つとしてスカーフがありますが、選び方は

ご存知でしょうか?!え?知らないという方に是非とも

知って欲しい3つの事がありますので、ご紹介致したいと

思います。

 

では、1つ目です。それはスカーフ端の縫い目が手縫いか

ミシン縫いか?ですね。出来れば、手縫いのスカーフを

選びたいものですね。エルメスやシャネルといった名だ

たるブランドのスカーフの縫い目は手縫いなのです。

ミシン縫いのようにキチッと統制のとれた縫い目ではあり

ません。しかも、その縫い目が表面に見えづらいよう

きちんと気を使われた縫い目になっているんです。

それだけで、身につけた時に違いが出てしまうんですね。

上品さは端々から!!と言いますがまさにスカーフの端にも

ブランドなりの上品さが出るものなのです。

 

次は素材です。こちらはやはりシルクのものを選びたい

ですね。ポリエステルや綿のスカーフも確かに存在しま

すが、光が当たった時や手触りが違います。何と言っても

身につける時の扱いやすが抜きん出ております。また、

素材では厚さも関係してきます。厚手のものからシース

ルーのような薄手のものまであります。使い方や季節で

使い分けたいですが、厚手は若干重宝されやすい傾向

です。しかし、夏季には暑いので薄手の方がいいですね。

 

そして、3つ目はデザインです。オーソドックスにドットや

チェック、千鳥柄、花柄、動物柄あたりも良いのですが、

どうせなら一風変わったデザインの方を選びたいですね。

例えば、民族の生活風景のデザイン、見たこともないような

模様のデザイン、楽器のデザイン、海賊のデザインなどです。

それはなぜか?!スカーフというアクセサリーとしてワン

ポイントになるからです。例えば、無難に服装をファスト

ファッションにしてみましょう。そこに無難なドットや

チェックのスカーフを持ってくると華やかさに物足りなさ

が出てしまいます。が、一風変わったデザインだと一気に

存在感が上がります。

 

いかがでしたでしょうか?!スカーフはとっても使える

アイテムです。手に入れる際に、貴殿の一助となれば

幸いです。
以上