読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【マジで?!】2月と8月は消費が低迷して暇な時期と言われるけど、その大きな3つの要因。にっぱちとかニッパチとも言われるね。

企業 商売 生き方 社会情勢 経済

消費経済には波があって良かったり、悪かったりで
一喜一憂しちゃうものですよね。で、一年間を通して
よく言われるのが2月と8月は消費が低迷して企業に
とっては暇な時期になると言われます。

で、なぜこの時期が低迷するのか?!大きな要因3つ
を上げます。
************************
①気温の慣れ
②消費疲れ
③多忙性 
************************ 
①ですが、気候の慣れですね。
例えば2月は一年間で一番気温の下がる時期です。
12月~1月から続いた寒さがピークになるんですね。
すると、ちょっとした慣れが出てきて防寒系のもの
売れにくくなります。それはなぜか?春の予感を
感じるのにコートやマフラーは買いませんよね。
しかも、この時期はセールが入り売価が下がり
ます。なので、売主にとっても旨味は下がります。

②ですが、消費疲れが一気にこの時期にくるのです。
年末年始の暴飲暴食ですね。旅行にも行ったりして
いるでしょう。帰省もしていたり、やはりお財布が
寒くなっています。また、3月からは移動の時期
なのでその備えもあります。夏場も同じです。
暑さに伴って暴飲暴食や行楽でお金を使ってしまう
のはボーナスの後です。お盆の帰省といってもその
類に鑑みれば低い傾向です。

③ですが、他のことで忙しくなることも理由でしょう。
まさに年末年始に出来なかったことやお盆の準備、
消費以外での事で多忙な例が出てくるのもこの時期
です。

いろいろ考えてみましたが、2月8月は自身を見つめ
直す良い機会なのかもしれません。今がまさにその
時期です。
以上