読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【果たして?!】クソ暑い季節のアリとキリギリス論(絵本)は本当に現代社会に適合されているのか?!あらすじ含む

生き方 教育 人間

皆さんよくご存知のアリとキリギリスのお話、このクソ
暑い季節になると誰しもが頭の中で一考したりするので
はないでしょうか。

アリとキリギリス、クソ暑い時期において両極端の位置に
立ってますよね。寒い冬に備えて行動するアリさん。クソ
暑い夏を謳歌しているキリギリスさん。本当に学べる両極
端です。

ここで考えたいのが、キリギリスは本当にダメだったのか?
です。話自体がクソ暑い真夏から始まるので何とも言えない
のですが、クソ暑い夏に備えてこのキリギリスは冬や春に
準備をしていたのか?なんですね。また、夏の過ごし方です。
楽器を片手に演奏していたのなら働き終わったアリさんに
演奏してあげて癒してあげる事は出来なかったのか?!です。
もしくは、暑い夏に行動できないのであればこの時期を利用
して何かしらのスキルを身につけて冬に備える事は出来な
かったのか?ですね。

話の上では、一方的に叩かれるキリギリスさんですが、見方を
変えれば冬に強いキリギリスさんを想像する事も出来るんです。
 
我々の社会においても遊びほうけていたり、ぼーっとして私の
ようにダメになるような人がいるのも事実です。でも、遊びを
商売の糧にしたり、ぼーっとしてる時間に動画を撮ったりして
Youtubeにアップしたりして有効な時間にする事だって出来ま
すよね。現代版キリギリスさんは有名なYoutuberになってる
かもしれません。

色々な寓話や逸話を通して頭のトレーニングは欠かせませんね。
以上