読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【もしや?!】大企業の今後はもしかしたら、本当にあんまり明るくない件

経済 企業

良い学校に入って、良い大学を出て、皆んなが知ってるような
大企業に入って良い家庭を持ちたい?!子供に持たせたい?!
持ちたかった?!そう思ってる方っていっぱいいますよね。
何だかんだ言っても、東証一部上場企業の給与や待遇は断トツに
良いです。公務員もしかりです。比べれば、中小企業やベンチャー
はやっぱり辛い面が多いのは事実です。

でも、雑誌やネットの記事を見ると「年功序列が崩壊し、大企業
だっていつ潰れるか分からないから安泰ではではない」とか
ありますけど正直信用しちゃいけないですよ。そのレールに乗れ
なかったフリーのライターが嫉妬深く書いてるだけですからね。
でも、その記事ってふと最近気づいた事と結論は同じなんですけど
中身が違います。この手の記事を書いたほとんどのライターの意図
はこうです。グローバル化や産業構造の変化によりついていけない
企業がダメになるでした。

しかし、時は情報化社会です。今年に入ってからのベッキー騒動や
SMAP騒動を見て下さい。それぞれの業績は十分なレベルです。
なのに、崩れていきそうなんです。これってタレントだけでなく、
大企業やその他にも言えるんじゃね?!と思うんです。国内の
マクドナルドしかり、ワタミしかり、ベネッセしかりです。
上手くいってるのにある日突然、崖から転落みたいな感じです。

つまり、こう何かのベールで上手に取り繕っていただけな状況が
露呈されるんです。ある日、誰かがツイッターフェイスブック
何気なく投稿した事で崩れていくんです。上の企業って割と泥臭い事
やってるはずだし、それに対して嫌悪感を抱く人もいますし、皆んなで
渡ればみたいな感じでやられたら元も子もないです。

そう考えると大きければ大きいほど、リスクが大きな世の中に
なってきたなと感じるんです。企業だけでないです。学校も病院も
自治体もマスコミも有名人もです。あっ、国もかもです。国際的な
信用も重要ですしね。
以上